酵素を使ってダイエット

女性のウエスト周りと野菜の画像

プチ断食酵素ダイエット

人の体内にある酵素には消化酵素と代謝酵素があります。酵素が十分にあるときは良いのですが、不足してくると生命維持に直接関係のある消化の方に優先的に回されるため、代謝酵素は少なくなってしまいます。代謝酵素が足りなくなると代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

酵素は体内でも作られていますが、足りない分は食物から摂ることができます。日本人は元々味噌や納豆といった発酵食品から酵素を摂取してきました。しかし昨今食の欧米化により酵素は不足しがちになっています。

そこで酵素ドリンクを飲むことで足りない酵素を補い、代謝をアップして痩せようというのが酵素ダイエットです。酵素ダイエットのやり方には、1日1食を酵素ドリンクと置き換える方法と、1~3日を酵素ドリンクと水のみで過ごす「プチ断食」があります。

プチ断食を行うと摂取カロリーがぐんと下がり、なおかつ酵素をたっぷり摂れるので代謝が上がって痩せやすくなります。また酵素には腸内環境を改善する効果もあり、便秘を解消したり免疫力をアップする効果もあります。体内の老廃物や毒素の排出を促すデトックス効果もあります。そして内臓を休ませることで消化機能の向上も図れます。

プチ断食による酵素ダイエットの方法は、まず、前日から少しずつ食事を軽くして体を慣らしていきます。1~3日間は固形物は一切摂らず、水と酵素ドリンクのみで過ごします。翌日はおもゆなど消化の良いものから始めて徐々に通常食に戻していきます。

特に初めてのときは頭痛やめまい、だるさなどを感じることがありますが、これは好転反応といって体がたまっていた老廃物や毒素を排出する過程で起こるもので、心配は要りません。老廃物が多くたまっていた人ほど出やすいもので、プチ断食を何度か繰り返すうちにだんだん出なくなっていきます。

酵素ダイエットは断食とは違い、必要な栄養素はきちんと摂っているので健康的なダイエット方法と言えますが、くれぐれも無理はしないようにしましょう。